ブログトップ

東京競馬場の怪人

flyhorse.exblog.jp

ほとんど「馬と定食と私です」。地元・東京競馬場の風景、一口馬主の馬、食べ物の記録、旅行での出来事なんかを中心に書いています。

カテゴリ:未分類( 33 )

この季節は、毎回この歌を聴きたくなります。


満開までちょっと時間がかかりそうですね。

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2017-04-01 08:42 | Trackback | Comments(0)
昔、旅行中にウエルズ・カーディフの市場で偶然見つけて食べたウエリッシュ・ケーキ、素朴でとてもおいしかったです。ロンドンに戻ってウエリッシュ・ケーキを探しても全く見つかりませんでした。またウエリッシュ・ケーキを食べにカーディフに行かないと!と思っていました。灯台下暗し!、沿線の阿佐ヶ谷にイギリス人が経営しているカフェがあり、スコーンでもたべるか!とメニューを見たら偶然にもウエリッシュ・ケーキがありました。驚きです。オーナーさんに聞いたら「僕はイングランド人なんだけれど、友達にウエルズ人がいて、レシピを教えてもらったんだよ!」と。それから、オーナーさん、オーナーの奥さんとイギリスの話で盛り上がりました。
c0125932_00103727.jpg
c0125932_00103327.jpg
この時の旅行ででは、キャメロットの3冠挑戦、オルフェーヴルのヨーロッパ初勝利のレースを見たので、ウエリッシュ・ケーキを食べるとこの名馬2頭を思い出します。そしてこれを食べてヨーロッパでオルフェが勝ったので、オルフェっ子の応援の時には、またこのカフェに来ようかな(笑)。

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2017-02-24 08:27 | Trackback | Comments(0)
年末の大井競馬場で、競馬に負けた後に、パドックの端を見ると。美味しそうに一生懸命にエサを食べている誘導馬を見ました。彼の姿を見ていると何だかほのぼのしました。「幸せだな、お前!」と声をかけて、なでたくなります。自分、やっぱり馬が好きなんだなあと思いました。
c0125932_16402342.jpg

そして、何だか鉄火場で勝負に負けて落ち込んでいる時に、昔ながらの食堂のおばちゃんに「今日はだめだったのかい。しょうがないね」と笑われて、すこしほっこりしているそんな気分でした。地方競馬にはまだそんな雰囲気が残っています。

そして、食べる事は幸せですよ(笑)

そんなこんなで、今年最後の食レポは、昔ながらの大井競馬場の雰囲気が残っている4号スタンドに行って、贅沢をしてみようと、幸福堂の合いかけカレーを食べてみました。合いがけとは、カレーとモツ煮込みが両方かかっている、一粒で二度美味しい、贅沢品です。合いがけは、築地辺りの食堂には、たくさんありますね。大井競馬場もJRAのように近代的に、変わってきていますが、今も残る伝統の味です。もつ最高です。
c0125932_16424953.jpg
来年も愛馬のえさ代をちゃんと払えるように、ちゃんと仕事をしよう、そして競馬場に応援に来ようと思いました。

皆様に幸運が訪れますように!
良いお年を。

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-12-31 16:43 | Trackback | Comments(2)
楽しみにしていたロイヤルアスコットのプリンスオブウエールズSでした。



すごい消耗戦になりましたね。あとエイシンヒカリから嫌なポジションに馬を置いてプレッシャーをかけられましたね。かなり厳しいレースでした。

無事に日本へ帰っておいで。


[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-06-16 22:18 | Trackback | Comments(2)
日曜日にはいつもFM東京のラジオ番組、Love Unitedを聞いてから競馬場に出かけます。この間番組を聞いていたら、パーソナリティのロンドン在住の今井美紀さんが「6月と言うと、英国王室主催のロイヤルアスコットがありますね。昨年、ドレスアップして家族で参加しました。娘が馬券を当てたりして、とっても楽しかったです。競馬のイメージが変わりました。今年ももうすぐはじまりますね」と言っていました。なんとなくこのコメントがうれしかったですね。

そう、世界一格式の高い競馬、ロイヤルアスコットが開催中です。なにせ競馬の母国の王様が主催する競馬で、競馬場に来る人は基本的に正装です。男性は、スーツやタキシード、女性はドレスにおしゃれな帽子ですね。競馬場では、ロイヤルファミリーのパレードがあり、レースに勝つとオーナー、騎手、調教師は、エリザベス女王から直接、優勝賞品がもらえます。そんなとっても名誉な競馬の開催です。私も一度行ってみたいですが、さすがに6月は休みが取れません。

ロイヤルアスコットの楽しみのロイヤルパレードでのクイーンのドレスの色は、ピンクでしたね。それも賭けの対象になるのだから、英国はすごい!エリザベス女王やキャサリン妃のお姿がとっても素敵です。

さて話を競馬に戻し、レーシングポストを確認したところ、プリンスオブウエールズステークスにスクラッチ(回避)マークが無かったので、6頭全て出走しそうです。アスコットの画像を見ると、薄曇りでした。結構、明るかったです。馬場状態は、softなので日本の重馬場相当ですね。遠い競馬の母国の名誉あるレースに出走する、エイシンヒカリの晴れ姿を見守りましょう!

怪我なく頑張れ、エイシンヒカリ。

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-06-15 22:41 | Trackback | Comments(0)
ラニが挑戦したベルモントステークス。最後の直線を良くのびていましたね。残念ながら3着。でも日本馬でアメリカクラシック最高着順なので、胸をはって日本に帰ってきて下さい。


ラニ、豊さん、関係者の皆さん、お疲れ様でした。

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-06-12 08:21 | Trackback | Comments(2)
今日のダービーは、熱い中、約13万人の人が東京競馬場に集まりました。

c0125932_23322040.jpg
こんな大人数は、久しぶりでした。
確かにこれだけの人が集まる良いレースでしたね。
マカヒキ、おめでとう。

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-05-29 23:34 | Trackback | Comments(0)
残念なことに吉祥寺の看板娘、象のはな子が亡くなりました。
子供の頃から親しんできた象だけに、本当に悲しいです。

ご冥福をお祈りします。
そして天国でも、美味しいおにぎりをもらって、たくさん食べて下さいね。
はな子、ありがとう。

c0125932_20440258.jpg

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-05-26 20:47 | Trackback | Comments(0)
今朝、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアにあるピムリコ競馬場で、アメリカン・クラシックレースの第2段プリークネス・ステークスが行われました。雨で馬場が不良でした。このレースには、日本馬として初めてラニが出走。また日本人騎手としても武豊騎手が初騎乗でした。



ラニの事になりますが、最後方から追い上げて2番手集団に入り5着。掲示板にのり、賞金をゲットしました。これはすごいことです。ラニ、アメリカでだんだん強くなっています。次走はアメリカン・クラシックレースの最終戦、ニューヨーク・ベルモントパーク競馬場で行われるベルモントSです。このレースは、アメリカのスタンダードのレースから外れいている距離の長いレース(ダート2400m)です。ラニは、スタミナがありそうなので、最終のニューヨーク決戦で勝てそうな可能性がありますね。そしてベルモントSに出走なら、日本馬で初めて、アメリカンクラシック3冠レースの全てに出走!と言うことになります。
私に記憶が間違っていなければ、そしてまだアメリカのダートG1で勝った日本馬はまだいません。なので、ベルモントSもラニの挑戦を応援したいと思います。
当日に向けて、本馬場入場の時にみんなで歌う「ニューヨーク・ニューヨーク」の歌の練習をしないと!

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-05-22 12:09 | Trackback | Comments(0)
日本からの挑戦ラニは、9着のようですね。



ケンタッキーダービーは、厳しかったですが、ラニを見ると明日のある走りでした。次走は、米3冠の最終戦ベルモントステークス(ダート2400m)の予定です。夢の続きはNYで!。楽しみです。

ケンタッキーダービーの表彰式を見ていたら、トロフィー授与を終わって優勝したナイキストのオーナーの一言
「I'll have another!(もう一個、もらっていくよ!)」
とのコメント。爆笑でした。彼は、アイルハブアナザーのオーナーでもあります。なかなかおちゃめな方でした。

[PR]
by poco_a_poco_sow | 2016-05-08 11:02 | Trackback | Comments(0)

by 東京競馬場の怪人